大阪御堂筋本町のアンティーク時計専門店|初金堂

初金堂新聞

ホーム > 店舗情報

店舗情報

店舗へのアクセス

  1. まず大阪に来る
  2. 御堂筋線南方面行き先頭車両に乗る
  3. 本町駅でおりる
  4. すぐ左手の階段を上り9番出口に向かう
  5. 改札を出て直進15m、左手の階段を下りる
  6. さらに左に曲がってまっすぐ行く
  7. 右手に食堂「魚盛」の角からのぞく
  8. 散髪屋さんがみえる

そのとなりが初金堂で~す

こんなお店です

保証制度について

保証書

6ヶ月間修理保証

アンティーク初金堂では保証書を発行しています。

保証期間内に正常なご使用状態で、万一故障した場合には無料で修理・調整致します。

詳しくは店頭スタッフにご質問ください。

オーナー紹介

初田 有 愛称:はっちゃん
  • 初田 有 Tamotsu Hatsuda
  • 昭和23年8月11日生 獅子座 B型
  • 愛称:はっちゃん

愛しき時の旅人と…
お待ちしています

小学校4年の時、祖父に連れられていった東寺の縁日ではじめてオメガのスモールセコンドを手にする

その後ひたすら時計に対する思いを貫き、
五十三才で思うところがあって30年間務めたM自動車を早期退職

2003年よりついにアンティーク時計専門店「初金堂」を立ち上げるにいたった

より正確な時計をつくるということは、人間の自然に対する挑戦というと大げさであろうか

クウォーツの普及によって1日1秒の狂いもない、しかもお洒落な時計が安価で手に入る時代である

もちろんこれは人類の絶え間なき挑戦の賜物ではあるのだが、
毎日身に付けて共に過ごす、あるいは何かの思い出を共にする道具としてそれで満足できるだろうか?

時計とは単に時を正確に知らせてくれるだけのものだろうか?

私は自分の時計たちが可愛くて仕方がない

まるで小宇宙のような機械が一生懸命動いている

一定のリズムで動くその機械が正確に時を刻もうという姿は人間の夢の一つのいじらしい形なのだ

よりすぐれたものをと追求し続けた古き良き時代のものを所有するということは、
たぐい稀なる贅沢なのだ

時計というモノとの出会いを提供するのが私の仕事である